コウモリ駆除業者や鳩駆除業者は安全に作業を行ないます!

巣ができてからの鳩駆除は大変~営巣の流れを把握する~

巣を作られる前に鳩駆除することが重要

鳩に巣を作れられないように、巣を作る流れを知りましょう。鳩駆除業者なら適切な対策を行ないます。

鳩が巣を作る流れ

待機しても大丈夫と考える

鳩は巣を作る前に、そこが安全な場所か判断するため休憩所として使用するようになります。常に姿が見える訳ではないため気づきにくいかもしれませんが、目をつけた場所には糞がよく見られるようになり、洗濯物などにも糞が落とされることがあります。騒音被害はそれほど大きくありませんが、待機する間は鳴き声や羽音が聞こえます。

常に居座ってしまう

しばらく待機しても安全な場所だと判断した後には次第に滞在時間が長くなり、常に居座るようになります。待機場所として使用する段階なら夕方にはいなくなりますが、この段階になるとねぐらとして使用することが多く、夜になっても出て行きません。滞在時間が長いとその分騒音被害や糞害も大きくなります。

巣を作り住み続ける

ねぐらに使用しても大丈夫だった場合には、いよいよ巣を作り始めます。巣を作るとそこで卵を産み、繁殖を行ないます。騒音被害や糞害がとても大きくなりますが、一度巣を作った鳩はちょっとのことではなかなか出ていこうとしません。自分での追い出しはとても難しいので、鳩駆除業者に依頼して追い出してもらいましょう。

巣ができてからでは遅い

鳩は帰巣本能が強い生物です。帰巣本能というのは自分の巣を認識するというもので、巣から遠く離れた場所にいても再び巣に戻ることができます。そのため、一度鳩に巣を作られた場合鳩駆除を行なっても巣があった場所をしっかりと記憶しており、何度も同じ場所に巣を作ろうとします。専門の知識や技術がないと対策は難しいため、鳩駆除業者に依頼してください。

TOPボタン